整形外科医を目指すにあたり、向いている人、向いていない人がいるのは先ほどの通りです。
では、整形外科で働くにあたりメリットとデメリットがあるという事実についてはみなさんご存じでしょうか。
今回は、医師求人を探す上でとても大切なポイントでもある「メリット&デメリット」の部分について、お伝えしていきたいと思います。

「整形外科医として働くメリットとはどういうもの?」


まず、そもそも応募時点では求人総数が多いというメリットがあります。
厚生労働省が出している実態調査からも、整形外科における医師の潜在的ニーズが高いことは明確にわかります。
これは、以前から現在に続くまで、傾向として続いています。
実際に働く事に関して言えば、現在の収入よりもアップさせることが容易な可能性が高いとされます。
過去の経験として、豊富な執刀経験や、外科部長などのポストを経験している、そのような方にとっては年収を上昇させるための転職として、最適な選択肢ともいえます。
また、整形外科は常にニーズが高く、将来性が強く期待されている科目の1つとして挙げられます。
高齢化社会がこれからも進んでいく以上は、需要が低下する心配もなく、スキルさえ身につけていれば将来的に困るようなことはありません。
ノウハウ、技術を磨いていくことにより、活躍する場を飛躍的に増やすことも可能です。
実際に仕事をしている方からは、整形外科では患者さまの回復状況が分かりやすく、やりがいがあるという意見。
あるいは明るい雰囲気で仕事をこなすことができる職場が多いため、てきぱきとこなしやすいとの声もあります。

「整形外科医として働くデメリットとはどういうもの?」


一つは、特定の医師に大きな負担が課せられてしまうことがあるという懸念材料があります。
現状、整形外科においては需要に対して医師の数が不足している状況です。
選ぶ職場によっては、大きな負担をかけられてしまう可能性もあるでしょう。
そのため、転職先として選ぶ施設は入念に検討する必要性が高いと言えます。
中には、忙しさに追われてしまい、生活がどうにも回らないというパターンもあるようですので、あらかじめどのような環境なのかを確認しておくことも大切です。
また、比較的元気がある方が患者様に多いこともあり、クレームが多発する傾向もみられます。
これに関しては医師自身が対応せず、看護師が対応するレベルで解決することも多いようです。

  • 1