1. 資格を取得して制外科医としてのキャリアアップ

資格を取得して制外科医としてのキャリアアップ

転職に関して医師求人をご覧のみなさまにぜひお伝えしたいのが、専門医の資格取得とキャリアアップのお話です。
現在、どの病院においても専門医を求める傾向が高まってきており、一定のニーズが生まれています。
もちろん、中には専門医ばかりが増えたせいで専門医バブルがはじけたような部分もありますが、現状ではまだ専門医という資格が大切に扱われている状況に変わりはありません。
もし、転職に際してキャリアアップを望みたいのであれば、ある意味では取得することが必須であるとも言えるでしょう。
そこで、今回は整形外科医専門医に関するお話を少ししていきたいと思います。

「整形外科における専門医資格の取得について」


一般的なお話から始めますと、基本としては日本整形外科学会の会員となり、認定施設と呼ばれる場所で臨床研修を6年間行うこととなります。
これが修了して、初めて受験資格が得られると言う所がポイントです。後期研修プログラムと同時に入会さえしてしまえば、4年後には受験資格を得る事ができるため、早期にスタートさせることが一つのポイントとして挙げられます。
受験資格を取得後は、筆記試験、面接試験による審査をパスすることで、初めて資格を受けることができます。
この学会の認定施設では、資格を取得するために必要な教育をあらゆる角度から行っており、整形外科専門医の資格取得を目指す若手が集まっています。

なお、2014年の5月時点では在籍している資格取得者は約17600名となっており、年々この数は増え続けているわけですが、今では整形外科専門医の資格も細分化が始まってきているため、将来的に進みたい道によっては、新たな資格取得を行う必要があるかもしれません。

「整形外科における専門医資格の紹介」


整形外科に関連する専門医の認定資格は、日本整形外科学会によるものだけではありません。
一般的に取得しておくと望ましいと考えられているものとしては、日本リウマチ学会専門医日本リバヒリテーション学会専門医といったものが挙げられます。
また、その他には、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医日本整形外科学会認定リウマチ医日本整形外科学会認定スポーツ医などもありますが、あくまでも自身の感じる必要性に応じて、取得することがポイントであり、資格を取得すること自体が「転職の成功、あるいはキャリアアップ」に必ず繋がるというわけではないことにも、注意をしておいた方が良いでしょう。